驚くべき効果「ブラックシードオイル」

The Blessed Seed (祝福された種)

ブラックシードは、アラブでは古来より、

健康と美容に対して奇跡的な働きのために用いられてきました。

アラビア語で、『ハバトゥル・バラカ』と呼ばれ、

『The Blessed Seed・祝福された種』の意味です。

預言者ムハンマドは『多くの健康問題の奇跡の治療薬』と言い、

死以外になんでも効く』と絶賛しました。

事実、1959年以来実施されてきた多くの研究により、

栄養価が高く有力なブラックシードが

数多くの健康問題に対して、いかに優れているかが示されています。

ブラックシード( Nigella Sativa)は、ブラッククミン、小さなフェンネル、

フェンネル花、ナツメグスロー、ブラックキャラウェイなど様々な名前で呼ばれ、

love-in-a-mist(恋に落ちる)」など素敵な別名もあります。

ブラックシードは、黒胡椒の前に東のスパイスとして使用されていました。
ブラックシードオイルはブラッククミンの種から抽出され、

毛髪、皮膚および体に非常に栄養を与えます。

日本では、ブラックシードの花が『ニゲラ』と呼ばれ、園芸家などの間で楽しまれています。
ですが、その素晴らしい種の働きには気付いていないようです。

飲用、外用どちらでも使用でき、その両方で効果が高いものです。

唯一無二の働きをする「ブラックシードオイル」は、
なぜこんなにも効果が高いのか?

植物オイルでありながら、精油成分を含む極めて珍しいオイルだから。
そのため、これほど多くの効果効能を持っているといえます。

ブラックシードオイルは、過去から今現在にいたるまで、

肌荒れの救世主であり  ”祝福の種”

だということは間違いないでしょう。

お肌に塗る”スーパーフード”です。

アロマオイルとしてご使用になる場合は、希釈濃度に気をつけて下さい。

ブラックシードオイルの効果効能

抗酸化・酸化防止(老化防止)

活性酸素を阻害し、無害化する働きにより、

しみ・しわなどのアンチエイジング効果が期待できます。

抗菌・抗真菌・抗微生物・抗ウィルス

強力な抗菌特性により、ふけ・水虫などに効果的です。
抗ウィルス作用により、ウィルスが原因の不調に効果的です。

抗細菌

破壊性細菌の増殖を破壊、または阻害します。

抗炎症・にきび改善

にきび、炎症性皮膚状態および他の要因によって引き起こされる皮膚の炎症、

腫れおよび腫れを軽減するのに役立ちます。

アレルギーの緩和・気管支拡張(ぜんそく)

有効成分であるニゲロンには、抗ヒスタミンに似た作用があり、

ぜんそくなどのアレルギーを緩和してくれます。

湿疹と乾癬の改善

強力な抗炎症化合物があり、湿疹を引き起こす炎症の治療に役立ちます。
また免疫を調節する働きによって、異常な細胞の増殖に対応します。

免疫機能改善

免疫機能を改善することによって、内臓機能の向上や改善が期待されます。

皮膚の再生・炎症改善

細胞再生・瘢痕形成などの働きがあり、皮膚の再生がなされます。

抗高血圧

血圧をコントロールする働きがあり、高血圧だけでなく低血圧にも効果があります。

抗コレステロール

血糖値を低下させたり、血中コレステロール値を下げる働きがあり、

成人病にも効果が期待できます。

消化改善(胃腸の不調)

消化を促進し、消化障害や鼓腸に効果があります。

駆虫作用

腸の蠕虫を破壊し、駆除する働きがあります。

肝臓保護

損傷と病気の予防に効果があることが発見されました。

肌の保湿・引き締め(皮膚バランス)

肌の保湿にも効果があり、肌の引き締めなど皮膚バランスを整える働きがあります。

髪・爪の再生

傷んだ髪や乾燥が激しい髪にも効果的です。
ネイルオイルとしても、用いられています。
また、毛根を包む毛嚢を強化する働きがあるので、薄毛にも効果があるとされています。

ダイエット(ウェイトロス)

食事にオイルを加えることで、食事単体で摂取するよりも

体重が減少することが研究結果で分かったとのことです。
抗炎症作用によって、体重増加のきっかけを減らすことが出来るとされています。

鎮痛作用

痛みの感覚を軽減する。

皮膚がん

クロアチアの科学者は、ブラックシードオイルの植物化学物質が

腫瘍細胞を52%減少させることを発見しています。 …and more

美しいお肌のためのブラックシードオイルの栄養素

オメガ3脂肪酸

 髪や爪、皮膚の角質や粘膜を強くする作用があり、肌荒れ改善など美肌効果が期待できます。 
代謝がアップすることにより、ターンオーバーが促進され若々しいお肌が作られます。

ビタミンA&ベータカロチン

 脂溶性のビタミンの一種で、目の健康維持、

皮膚や粘膜の免疫の向上、抗酸化作用などがあります。

ビタミンB

 皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞再生の働きなど。

ビタミンC

 抗酸化作用があり、美白、シミ、くすみ、たるみ、しわ、毛穴、

ニキビなどに効果があり、美肌には欠かせないマルチな成分です。

ビタミンE

 抗酸化作用があり、血流をよくする働きがあります。
肌荒れの予防や改善の効果も期待できます。
またコレステロール値を下げるなどの効果も確認されています。
ビタミンCと一緒に摂取(内服外用とも)することによって、相乗効果が期待できます。

亜鉛

 亜鉛は体内に存在している成分ですが、タンパク質の合成に必要な成分です。
ビタミンAの抗酸化作用を活性化し、アンチエイジング、生活習慣病の予防に効果が期待できます。

カルシウム

 脳や神経の働きをスムーズにし、高血圧の予防などの働きをします。
大腸がんの発症リスクを下げる働きもあります。

カリウム

 むくみの解消や、高血圧を予防する働きがあります。

アミノ酸

 タンパク質のもととなっているのがアミノ酸で、内臓・皮膚・筋肉・髪・爪の材料となります。
筋力アップや疲労回復、免疫機能・肝機能向上やスキンケア効果もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ヒト幹細胞とは