ヒト幹細胞とは

ヒト幹細胞とは

そもそも幹細胞って何? 

私たちの体の細胞は、皮膚や血液のように、ひとつひとつの細胞は寿命が短く、絶えず入れ替わり続ける組織を保つため、失われた細胞を再生して補充する能力がある細胞を持っています。

同じ種類の細胞ではなく、別の細胞に変わることのできる能力を持つ細胞を”幹細胞”と呼びます。

詳しくは…

美容の世界の幹細胞治療って?

医療だけではなく、美容の世界でも”幹細胞治療”は主流となってきました。

治療とまでいかなくても、もっと手軽に幹細胞の美容法を試してみたいという要望は多く聞かれます。

ちまたであふれる幹細胞コスメって、どれを選べばいいの? 違いって何?

て思われている方多いですよね…

よく見かけるのが、”植物幹細胞”です。 リンゴの”植物幹細胞”ってよく目にします。

これは、植物成分です。

もう一つがヒト幹細胞です。

医療の世界で用いられているのが、幹細胞そのものです。

美容の世界で用いられているのは、幹細胞培養上清と呼ばれるものです。

それは、幹細胞を培養する際の培養液の上澄み液のことを言います。幹細胞を取り除いた培養液のことです。

な~んだ上澄み液か…って思われた方おられるのではないでしょうか?

これはただの上澄み液ではありません!! 幹細胞の成長因子や有効成分が培養液に分泌されています。

成長因子って何?

”成長因子”とは、グロスファクターともいわれ、体内で特定の細胞の増殖・分化を促進するタンパク質の総称です。

毛髪の細胞や肌細胞、骨、筋肉など身体の全てに多くの成長因子が存在し、傷の修復や毛髪などの生成を促しています。

成長因子名肌における機能
FGF1酸性繊維芽細胞成長因子線維芽細胞の増殖を促進する。
FGF2塩基性線維芽細胞成長因子血管新生作用により、血管環境を改善する。線維芽細胞の増殖を促進する。
KGF1角質細胞成長因子1線維芽細胞やケラチン産生細胞の増殖を促進する。
KGF2角質細胞成長因子2線維芽細胞やケラチン産生細胞の増殖を促進する。
HGF肝細胞成長因子培養表皮角化細胞の増殖・遊走を促進し、皮膚の修復に関与する。
IGF1インスリン様成長因子成長ホルモンの刺激によって分泌され、皮膚の成長を促進する。
PDGF血小板由来成長因子血管新生作用により血流環境を改善する。間葉系幹細胞を増殖させる。
VEGF血管内皮細胞成長因子血管新生作用により血流環境を改善し、栄養補給を活発にする。

幹細胞培養上清ってどう肌にいいの?

お肌のターンオーバーを正常にしていくれます。

若い肌のターンオーバーは、だいたい28日周期ですが、年々その日数が長くなってきます。

お肌の生まれ変わる速度が遅くなってきます。

そのため、キメが荒くなったり、肌がゴワついて固く感じたりします。

シミシワの原因にもなります。

日焼けも戻りにくくなります。

肌を構成する重要な2つの幹細胞表皮と真皮の境にある基底膜に表皮幹細胞があります。
この表皮幹細胞を作り出しターンオーバーの源になっています。
真皮層の線維芽細胞がコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生成しています。

今日はここまで…

続きは、ヒト幹細胞の”クオリティ”と”安全性”のお話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。